W3CというのはWEB上の世界の取り決めをしている組織になります。URLの先頭に「www」がつきますが、それを制定しているのもW3Cになります。HTMLやCSSのコードでは、W3C規約に準拠したコードの書き方がございます。これは「エラーの無いホームページ」である証明になります。

エラーが有ってもブラウザによって正常に表示される事も多々有るのですが、実のところこの規約に沿ってきちんと制作されたサイトというのが以外と無いものなのです。


SEO対策の面

W3C規約準拠で制作されたホームページはSEO面で効果がございます。W3C規約準拠でないサイトが非常に人気の有るキーワードで一位になっているケースも多々ございますが、理由としては以下が考えられます。

  • 被リンク数がとても多い
  • ドメインが古く昔から存在する

SEO対策ではソースコード以上に被リンクが重要になりますので、大量の被リンクが有る場合はSEO対策の効果が上がります。しかし弊社技術担当者の体感としてW3C規約準拠のホームページがW3C規約準拠していないホームページよりもSEO対策上効果を上げておりますので、やはり「W3C規約準拠」でホームページを制作する事は非常に重要かと考えられます。

その他にも検索エンジンの評価基準が変更になり、仮に「規約通りに記述されていないホームページ」の順位が下がるという変更が有った場合、それが個人サイトでしたら修正で問題ございませんが、お客様へ納品したホームページの場合は著しく順位を下げてしまう可能性も有ります。

業者が納品するサイトにエラーが有る場合、耐震偽装のマンションの様なものだと私共では考えております。


ブラウザ対応の面

ブラウザがアップデートする事などで、エラーの有るソースコードで表示の乱れなどが発生する可能性も無いわけではございません。ブラウザは種類によってHTMLソースやCSSソースの解釈が異なる(表示が異なったりする)のですが、ブラウザのバージョンアップで表示が崩れたりする可能性がございます。個人サイトでは修正すれば問題ございませんがコーポレートサイトの場合などはやはり修正が必要となります。

元々きちんとエラーの無い状態で制作していれば問題ございませんが、手を抜いていると面倒な事が増えてまいりますのでやはり規約に沿った制作というのは最低限必須なのではないかと弊社では考えております。


最後に

やはり個人的な趣味の場面以外で、社会的に情報を発信されているサイトについては「W3C規約準拠」でホームページを作成する必要が有ると考えております。何よりも「エラーが有るかどうか」という事は通常お客様では中々判断が付かない技術的な問題です。

しかし洋服などで問題の有る商品はアウトレット商品になるか廃棄されるのが通常ですし、建築物においては「耐震基準」を満たしていない物は何よりも大切な「人命」を守る事が出来ず、また生命を脅かす以上に金銭的にも負担を強います。

弊社ではエラーの無いサイト制作を実施しておりますので、ご安心の上ご依頼頂ければと存じます。