スティーブ・ジョブスの偉大さは、いかに私がアンチアップルであっても認めざるを得ない。

レコード愛好家の私は、i-podが普及したあたりで音楽がデジタルデータとして聞かれる事に憤慨し、アンチアップルとなったのである。だがそれは非常に個人的感情で有り、人々の生活に新たな選択肢を増やした、新しいライフスタイルを実現した、という事で彼はやはり稀代のアイデアマンなのである。

そもそもスティーブ・ジョブス氏の偉大さというのは、別に「愚か者であれ」とかそういう言葉なんかじゃなくて、実際のところ「コンピューター」や「IT」の世界における一種のオタク臭さをソフティケイト、どころかよりハイセンスにしてしまう一種の感覚の錬金術のような物では無かったかと思う。

実際、i-macが登場するまでコンピューターはまだオタクの道具で有った。i-mac、あんな愛らしいコンピューターでAdobeのソフトウェアなんかを操っちゃってるのを見て、クリエーター志望の若人は一様にパソコン欲しいとなっちゃったのではないだろうか。

自分も二台連続でデスクトップのマッキントッシュを使っていた事が有る。当時は音楽を作る事がPC利用の中心だった為それで問題無かった。現在はPCで様々な事をしなくてはならないし、細々としたことを色々こなすにはWindowsマシンの方が都合がよい為Windows派。スコップやツルハシにオシャレな高級品は使えない。

正直ビジネスシーンでの利用を思うとマッキントッシュは余りお勧め出来ないが、もし用途が限定されているのであれば悪く無い選択だと思う。ただ自分はキーボードのショートカットを押し損ねる可能性が低いのでもうマックは使わないと思うけど。

脱線した。いかにジョブスが偉大で、地球人がとっても大きな存在を失ってしまったかという話であるが、彼がいかに素晴らしいかというと彼が「ヒッピー」だからだと思っている。孫正義がいかにイノベーションしようと、残念なことに孫さんはあんまり「ヒップ」で無いのである。彼も素晴らしい経営者だと思うけど。

コンピューターという理数系の世界において、ジョブス氏の偉業はなんといっても、理数系の世界と身体感覚をきちんと結びつける事に成功した点である。

OSXがリリースされた時の言葉が最もそれを物語っていると思うのだが、なんとあの立体的なボタンについて「思わず舐めたくなるだろう」なんて言っちゃうのである。いや~ん。

とにかく今後はコンピューターやIT関係の商品はイマイチつまらん物になるに違いない。
なんせゼネラルモータースが毛皮のコートやダイヤの指輪を売るように車を売ったように、Apple社はオシャレなスニーカーを売るように電子機器を売っていたのである。

ジョブスを解任しなければWindowsの市場がこんなにも大きくなっていなかった可能性も重々有ると思っているので、やっぱりジョブス氏は半端無いぶっとびさんであり、風変わりなハッカーどもには永遠に神のごとき存在である。

とりあえずこの機にSONYあたりは頑張ってお株を奪えばいいと思うよ。VAIOじゃ絶対無理だけど。マックは結構頑丈だったから。