Googleが開発したウェブページの重要度を判定する技術。

信用性高いページから数多くリンクされているページは【良質である】という考え方で重要度を判断。

ウェブページの内容とリンクポピュラリティの両方の判断材料にして結果をを表示している。

名称の由来は、ウェブページの”ページ”と、グーグルの創設者の一人、ラリー・ペイジをかけたものらしい。